読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fabricでtwitter認証

Twitterが提供しているモバイルアプリの開発プラットフォームのFabricで簡単にtwitter認証してみた。

Fabric - Twitter's Mobile Development Platform

Fabricが提供している機能

Twitter Twitter へのサインイン, Twitter API の呼び出し, View の提供, SMS 認証

Crashlytics クラッシュ統計, リアルタイム分析, テスト配信

MoPub 広告配信による収益化

SDKインポート

SDKと今回はtwitter認証だけなのでその辺をサポートしているTwitter Kitをインポート。

pod 'TwitterKit'
pod 'Fabric'

セットアップ

application didFinishLaunchingWithOptions:Twitter Kitをイニシャライズします

import Fabric
import TwitterKit

func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [NSObject: AnyObject]?) -> Bool {
        Twitter.sharedInstance().startWithConsumerKey("your_key", consumerSecret: "your_secret")
        Fabric.with([Twitter.self()])
        
        return true
    }

この際、Twitterデベロッパー登録をして、自分のアプリの ConsumerKeyconsumerSecretを取得しておく必要があります

TwitterのAPIを使用するために必要なキーを取得する手順 - Hello API

アカウント認証

デフォルトで用意されてるボタンを使いたい時

let logInButton = TWTRLogInButton(logInCompletion: { session, error in
    if (session != nil) {
        println("signed in as \(session.userName)");
    } else {
        println("error: \(error.localizedDescription)");
    }
})
logInButton.center = self.view.center
self.view.addSubview(logInButton)

カスタムでメソッドを使いたいとき

Twitter.sharedInstance().logInWithCompletion { session, error in
                    if let session = session {
                        print(session.userName)
                    } else {
                        print(error)
                    }
 }

これで完了。